トレーナー

仲村 恵利加 -Erika Nakamura-

日英家庭犬トレーニング協会インストラクター
1981年生まれ。

幼少期: 大分県で過ごす。
負けず嫌いで曲がったことが大嫌いな、ちょっと勝気なチビッ子。
小学生時代: 放課後は毎日友達と、約10頭の野良犬を引き連れて遊びまわる。 アパートだったため犬が飼えず、仕方がないので、ぬいぐるみの犬を飼う。
将来の夢は「ムツゴロウ王国で働くこと」。
中学生時代: 憧れの一戸建てに住み、念願の犬を飼う
(ミッキー:享年14歳)。
高校生時代: 男っ気ゼロの青春真っ只中。
大学時代: 久留米大学で心理学を学び、人間の不思議を追究する。
卒業後: ドッグストーリー・バウワウに就職。訓練技術とオーナーレッスン法を学ぶ。約5年の修行を経て独立。
‘07年11月: ドッグスクール・ミッキーOPEN!
‘12年3月: ドッグスクール・ミッキー 移転してリニューアルOPEN!
趣味: TV・DVD・映画鑑賞、読書(推理小説・マンガ専門)
この仕事を始めたきっかけ: 保健所へ行く犬・殺処分される犬・虐待される犬を一頭でも減らしたいという思いから。
トレーニングのモットー: それぞれのワンちゃん(犬)の性格を見ていきながら、そのコに合ったトレーニング方法で、人も犬も楽しみながらトレーニングしていく!

ミッキー -Mickey-

私が中学生のときに、仲村家にやってきたミッキー。 2010年の1月に、14歳で亡くなりました。

普通のシー・ズーに比べると、足が長く、ひょろっとしていたミッキー。 パピーの頃は、後追いをしたり、寂しくて鳴いてみたり、可愛らしい一面もありましたが、1歳も過ぎれば、一人で過ごす時間を満喫することを覚え、飼い主が必要以上にスキンシップを図ろうとすると、若干嫌そうな顔をし、晩年は、突然、看板犬に任命され、我が家に溢れ出て来たワンコたちに戸惑いながらも、自然と受け入れてくれました。

ちょっと不思議で、かなり頑固で、とってもマイペースなミッキーは、 小さいころから犬を飼いたかった私が、初めて飼った大切な大好きなワンコです。